歓楽街ミナミを昼から楽しめ!昼キャバの楽しみについて

Aroma massage

昼キャバ嬢たちの肖像

Toned bodies

従来の「キャバ嬢」のイメージは、いったん捨ててしまったほうが、ミナミの昼キャバで出逢える女の子たちについてはイメージしやすいかもしれません。夜とはひと味ちがう顔ぶれが楽しめるのです。

お昼の飲み物

White stocking

「お酒と女の子を楽しむ店」というのがキャバクラの定義ですが、ミナミの昼キャバでは必ずしもそうではありません。お酒を飲まない人のためのメニューが用意されているお店も多いのです。

宗右衛門町へGO

Black underpants

ミナミのエリア内で、特に昼キャバのスポットとして注目したいのは、この歓楽街の中核をなす道頓堀や宗右衛門町です。昼から夜まで、そして早朝に至るまで楽しめる街となっています。

昼の歓楽街へ

Sexy girl back

ミナミの昼キャバの中で人気があるのはこちらです!好みの女の子と楽しく飲むことができますよ!

大阪で昼キャバを楽しむならミナミですよね!大人な雰囲気で飲みたいならこちらがおすすめ!

「夜を待たなければ、大阪ミナミでは楽しめない」そんなわけで、お昼の時間、窓の外をにらみ「はやく日が落ちて夜になれ……」と念じている男性がいるとしましょう。
もし、彼が遊び人を自認しているというのであれば、失格の印を押してあげましょう!なぜなら、大阪ミナミで遊びたい男性が、お昼にジリジリと過ごしているというのはおかしいからです。
ミナミは、昼からでも楽しめる街だからです。
もちろんここで言いたいのは、何も「ショッピングを楽しめ」とかそういうことではありません。ミナミは、歓楽街の楽しみ、ほんの一昔前まで「夜の楽しみ」として知られていた楽しみを、お昼にも味わえるようになっているのです。キャバクラの楽しみを。

昼キャバという形態のお店が生まれたのは大体2000年代に入って2、3年くらい経った頃のことで、それまでキャバクラは夜にしか楽しめないものだと思い込んできた男性たちに衝撃を与えました。
昼キャバは、その後ミナミでいくつか開店し、新しいお店も今もなお生まれ続けています。それだけよく利用されているお店だということです。
だから、上の段で登場してもらった遊び人を自認する男性は「もぐり」なのです。ジリジリ夜を待たずに、ミナミに出て昼キャバにいけるということを、彼は知らなかったのですから。
しかしあなたは、もうすでにミナミに昼キャバがあること、そこで楽しめることを知っていますね。だから、あとは昼キャバのさまざまなサービスについて補足的に知るだけで、立派な「遊び人」になれますよ!

シックでゴージャスな名古屋のキャバクラで思う存分遊ぶならこちらがオススメです!

オススメリンク